ロゴマーク入稿の手引き

オーシンでは、木台へのロゴマーク刻印や、ステーキ皿へのロゴ入れ加工を承っております。

本記事では、入稿をご検討されているお客様へ、データ入稿時のルールをご案内いたします。

入稿するファイル

以下の2つのファイルをご用意ください

  • Adobe Illustrator(.ai)形式
  • PDF形式もしくはスクリーンショット

入稿前チェック項目-Illustrator

イラストレーターでご入稿される場合、アウトライン化不足やリンク画像の添付漏れ、塗り足しの不足といった不備が多く見受けられます。

データに不備があるとお客様による修正後の再入稿や、修正の確認などにより、納期・スケジュールに遅れが生じてしまいます。今一度ご入稿データを十分にご確認ください。

また、イラストレーターデータでのご入稿の際には必ずスクリーンショットまたはPDFを併せてご用意ください。

・すべてのフォントはアウトライン化されている

文字部分をアウトライン化(文字を図形化し、オブジェクトに変える)していないと、データを開く環境によって異なるフォント(書体)で加工されてしまいます。
また同じフォントが入っている環境で開いた場合も、フォントのバージョンの違いなどによりレイアウトが崩れる場合もございます。 Windows・Macにかかわらず、全ての文字はアウトライン化してください。

・すべての図形はアウトライン化されている

文字部分と同様に、複合パスなどが使用されておりアウトライン化されていない画像は、四角く塗りつぶされた状態で加工されてしまいます。

・必要な形状のみで構成されている

複数パターンが1つのファイルに混在している場合、本来加工を希望されたデータと異なる形状で加工されるおそれがあります。
また、枠線や注記などが記載されている場合も、加工範囲に含まれてしまうことがあります。事前にデータをご確認のうえ、加工範囲のみを取り分けてください。