【IH対応】蓄熱軽量ステーキ皿 S200 S240

食べ終わるまで、アツアツのステーキ・肉料理を食べてほしい。

そんなご要望にお答えする、アルミ製のIH対応ステーキ皿が誕生しました。

「S200/S240」は、フードコートでの利用を想定して作られた、飲食店のためのステーキ皿です。

S200/S240がお勧めの料理

  • ステーキ
  • ハンバーグ
  • 焼肉
  • 焼飯(チャーハン)
  • チーズを使った料理

詳しい解説

ステーキなどの肉料理では、油の固化を防ぐとともに、演出面でも高い性能を発揮します。

また、チーズを使った料理でご使用いただけば、とろーりとした食感をより長時間持続することができます。

S200/S240が愛されている3つの理由

ユーザーの中には、これまで使用していた鉄製ステーキ皿を交換した後も、新店舗で採用いただいたケースが数多く存在します。

鉄製ステーキ皿より大幅に高い蓄熱性

火・炎のイラスト

鉄鋳物の比重は7.2g/cm^3であるのに対し、アルミ鋳物の比重は2.7g/cm^3と、鉄と比べると約1/3の重さになります。

その分の重さを底面の厚みに加えることで、一般的なステーキ皿(2~4mm)に比べると約4倍の12mmの厚底に仕上げました。

アルミの効果でムラなし加熱

S240 A社 鉄

 

あるお客様は、肉を加熱する際に、IH調理器では真ん中だけが熱くなってしまい、ムラが出てしまうという悩みを抱えていらっしゃいました。

S240をお勧めしたところ、このステーキ皿は全体が熱くなる!と喜んでいただきました。

その理由は、アルミの持つ高い熱伝導率。鉄鋳物の熱伝導率が44~58.6W/(m・k)であるのに対し、アルミ鋳物の熱伝導率は96W/(m・k)と、鉄と比べると約二倍の熱伝導率を誇ります。

さらに、12mmの厚底により、IH底面の熱が、広がった状態で焼面に届くのです。

圧倒的耐久力のIH組み込み方式

アルミ皿のIH対応方式の中で、圧倒的に高い耐久力を持つとされるIH組み込み方式を導入!

240℃で加熱してもほとんど劣化が発生しないため、肉がしっかり焼けるのです。

コラム:お客様に最終仕上げをしていただく

オーシンのステーキ皿は、その高い蓄熱性を利用して、熱源から下ろしたあとでも食材を加熱できます。

お客様自身が肉に焼き目を付ける、ソースをジューッと回しかけてもらう、といった演出もこれ一枚で可能になります。

もっと知りたい方は

こちらの記事で、アルミ製ステーキ皿と鉄製ステーキ皿の違いをより詳しく解説しています!

 

 

 

商品詳細

商品名 蓄熱軽量ステーキ皿 IHOS-200 蓄熱軽量ステーキ皿 IHOS-240
型番 B13Z-03 B13Z-04
サイズ ∮200 × 40mm ∮240 × 42mm
質量 1.0kg 1.4kg
底の厚み 12mm 12mm
材質 アルミ+ステンレス発熱板 アルミ+ステンレス発熱板
価格 10,670円 12,100円

オプション・木台

S200/240は、以下の木台をお使いになれます。

  • 木台 WP220
  • 木台 WP240
商品名 木台 WP200 木台 WP220
 
型番 B50Z-01 B50Z-02
サイズ 200mm×200mm×20mm 220mm×220mm×20mm
質量 250g 280g
価格 3,960円 4,180円

※こちらの木台には、マイカ製断熱プレートがついています!マイカとは?→こちらをクリック

提供・回収には、こちらの専用ハンドルが便利です。

  • S200/S240専用ハンドル

コラム:鉱石でできた断熱プレート

雲母石の画像
原料である雲母石。これを細かく砕き、シート状に再構築します

オーシンの断熱プレートは、雲母と呼ばれる鉱石を、0.5mmの薄いシート状にしたもの。

高い断熱性と、高温でも変形しにくい特徴を活かして、木が焦げるのを防止してくれます。

注意事項

注意のマーク

この製品は、業務用IH調理器(2.5kw~3.0kw)に最適化されて設計されております。そのため、小型IH調理器(800w)や、卓上IH調理器(1.4kw)では加熱時間がかかる場合がございます。

IHに反応する直径には限りがあるため、5.0kw一口タイプなど、コイルの直径が大きいIH調理器では加熱できない可能性がございます。事前にご相談下さい。

サンプル申し込みはこちら

「お申し込み方法」のイラスト文字

S200/S240を使って、実際に試してみたい!という方のために、無償サンプルをご用意しております。

会社名・店舗・住所・電話番号をご記入のうえ、お問い合わせページよりご連絡ください。