【実例付き】IH調理器の家庭用と業務用の違いを紹介!比較する際に注意するべきポイントとは?

厨房機器を選定するなかで、違いが分かりづらいIH調理器。ガス使用不可のテナントで採用される場合がほとんどですが、なぜ家庭用ではなく、業務用のIHを使用しなければならないのでしょうか?

実際、飲食店でも家庭用IH調理器は使われています。

あなたが今、飲食店での導入を検討しているなら、業務用IH調理器でなければならない理由があるか確認しましょう。もし必要でないのなら、家庭用IHの使用は検討に値します。まずは業務用IHと家庭用IHの違いを確認し、互いの強みを確認していきましょう。

1章 業務用IHと家庭用IHの違い

まずは基本的な部分として、業務用IHと家庭用の違いをリストにしてあります。

IH調理器はその形状から、以下の4タイプに分かれており、それらが家庭用・業務用と言われています。

この記事では、「業務用=据え置きタイプ」「家庭用=卓上タイプ」として解説いたします。

 家庭用IH業務用IH出力価格
卓上タイプ ~1400W5000円~20000円
ビルドインタイプ 2000W~3000W 
据え置き型 2000W~3000W120,000円~400,000円
埋め込み型 1400W~2500W 

また、本記事では家庭用(卓上)IH、業務用IHの代表を選び、標準的なスペックとして比較していきます。

卓上IHからは、Kakaku.comランキング常連、弊社のテストキッチンの標準機でもあるPanasonicさんのKZ-PH34(1400W)を。業務用IHからは、安定の加熱性能と高さへの耐性が素晴らしい中部コーポレーションさんのDD30TAB(3.0kW)を選定しました! それぞれのスペックは、こちらからご覧いただけます。

1-1 出力(火力)が違う

調理できるサイズや、提供時間に大きく影響する、一番基本となるスペック「火力」。高ければ高いほど、より早く、より多くのものを加熱できます。

1400Wまでの機種は100V電源(一般的なコンセント)、それ以上は200V電源でのみ使用できます。

家庭用(卓上タイプ)は800W~1400Wが限度、業務用は2000Wから5000Wまで選択できます。

1-2サイズ(特に高さ)が違う

業務用IHと家庭用IHでは、圧倒的にサイズが違います。実際に、2機種のサイズを確認してみましょう。

 型番奥行高さ
家庭用(卓上)KZPH-34304mm345mm54mm
業務用(据え置き)DD30TBB450mm600mm180mm

業務用は性能が高い反面サイズが大きくなる傾向にあります。特に、高さの差は3倍以上にもなります。実際、業務用IHを導入する際には、事前に高さを想定して作業台を決める必要があります。

1-3プログラム(自動調理)の有無

家庭用にはなくて業務用にはあるもの、それがプログラム(自動調理)です。

これは、出力を100%にして3分、その後80%で5分といったように、自分たちで時間を設定し、調理を自動化する機能です。メーカーによって異なりますが、中部コーポレーションの場合は3パターンから選択できます。

ポイント少ないスタッフで調理を回すため、また、調理の品質を安定させるために、メニューごとで決めたプログラムを使用するのが一般的です。

家庭用も機種によっては自動調理機能がありますが、こちらはメーカーが事前に設定したもの。自分たちのメニューにあわせて設定することは出来ません。

1-4 排熱性能が違う(長時間の連続使用)

一般的に、家庭用のIH調理器で想定される連続使用時間は30分~1時間程度。そのため、2時間を超えるような長期間の連続使用では、IH調理器に熱が籠もりエラーが発生するおそれがあります。

反面、飲食店での使用を基本とした業務用では、ピークタイムを含めた4時間程度の使用は正常な範囲内。加熱を続けても問題ないように、より高い排熱性能が備わっています。

1-5 価格帯の違い

ある意味一番大切な、価格について。

業務用IHは見積もりが必須な商品も多く、相場が不明という場合もあります。

家庭用のIH調理器は5000~15000円程度で十分購入可能ですが、業務用では10万を超えるものがほとんど。

10倍以上の

1-6 納期が違う

また、製品のスペックとはことなりますが、購入時に検討しておくべき点が納期です。

家庭用のIH調理器は家電量販店やAmazonで気軽に購入できますが、業務用のものは最短でも1週間、基本的には2ヶ月ほどの余裕を見て発注する必要があります

さらに、ここ数年の影響により、製品の輸入に遅れが発生。「注文を確定しないと納期がわからない」といった状況も見受けられます。

オープンが近い場合には、間に合う機種に変更する必要が出るケースもあります。

2章 飲食店が家庭用IHを採用するメリット

2-1 入手が容易

家庭用のIH調理器は、家電量販店やAmazonなどのECサイトで気軽に購入できます。

納期面で心配することが少なくなるほか、万が一のトラブルがあっても、すぐに替えを用意することができます。

2-2 軽く、持ち運びも簡単

卓上タイプのIH調理器は、女性でも片手で持ち運べるほど軽いものがほとんどです。

キッチンのレイアウト変更も簡単にできるので、卓上ガスコンロと同様に、必要な際だけお客様のテーブルに持っていく使い方も容易です。

2-3 省スペースで、キッチンを快適に使える

1章で比較したように、卓上タイプと据え置きタイプではサイズが大きく違います。

一般的に採用されている商品で比較したので、より薄型・小型の製品もありますが・・・ 卓上タイプのほうがスペースを節約できるのは間違いありません。

3章 飲食店で家庭用IHを選択した3つの事例【実例あり】

3-1 キッチンでのソースの保温

少量しか必要としない、ソースや付け合わせを保温するには家庭用(卓上)IHで十分です。カフェのキッチンのような空間で採用されています。

3-2 つけ麺鉢の再加熱

キッチンではなく、お客様が使用する場所で使う道具は、家庭用のIHが適している場合もあります。誰が使うか分からないので、最大火力が低く設定されていることがメリットになるのです。

つけ麺店では、IH調理器をカウンターに設置することで、冷めてきたつけ汁を自分で再加熱できる仕組みを用意している場所もあります。

3-3 一人用しゃぶしゃぶ鍋の加熱

一人用のしゃぶしゃぶ鍋を提供する店舗では、埋め込み型のIH調理器の代わりに卓上タイプを使用するケースもあります。

多くとも1L程度の水分で十分なので、卓上タイプで火力は十分。一口あたりの金額、メンテナンス性の良さから選択されています。

神戸にある「レストラン桜坂」もそんな店舗のひとつ。特注のテーブルに卓上タイプのIH調理器を埋め込み、デザイン性も◎です。

4章 家庭用IH調理器が向かない3つのケース

さて、ここまで説明してきましたが、家庭用IH調理器が向かないケースも当然存在します。ここでは、弊社がこれまで立ち会った現場から、特に業務用IHを使用するべきと判断した3つのケースをご紹介いたします。

・ 高回転のメインメニューでの使用

火力は調理時間に影響します。フライパンを使用する箇所やメインメニューを加熱する箇所で家庭用IHを使用すると、提供時間が大幅に伸びるおそれがあります。

・ 高温のステーキ皿の使用

ステーキ皿の加熱に使う場合も、業務用IH調理器を選択します。ステーキ皿は多くの場合、180℃~260℃ほどに熱した状態で提供します。(だからこそ、「大変お熱くなっておりますので触れないようにお気をつけください」という一言があるのです。

これほどの温度まで熱すると、当然ながらIH調理器自体に熱が籠もってきます。1枚や2枚であれば問題なくとも、飲食店で提供する枚数にもなると、家庭用IHでは排熱が追いつかず、結果としてプレートホットのエラーになり停止してしまいます。

・ 大容量のスープの加熱

保温の場合も、容量が多い場合には業務用IHを選択します。特に、沸騰状態を維持する必要がある場合には、IHからの加熱≧湯気からの放熱となる必要があるので注意しましょう。

まとめ 業務用IHでなければならない理由を探そう

これまで業務用(据え置き)タイプと家庭用(卓上)タイプのIH調理器を比較してきました。それらの違いをわかった上で、どちらを購入すれば良いのでしょう。

端的に申し上げると、「業務用IHでなければならない理由があれば業務用。そうでなければ家庭用」を選びましょう。特に業務用IHは高価な買い物になります。家庭用IHの使用を検討されている場合には、出店前に1つ購入し、実際に加熱することをオススメします。そのうえで提供時間や沸騰に満足できない場合なら、安心して業務用IHを購入できるはずです。

それでもまだ不安!という場合には、お気軽に弊社へご連絡ください。できる限りのアドバイスをいたします。